2007年09月05日

太陽は西から昇る

725-070906.gif

私は運転等で助手席の人にナビをしてもらうと、道を曲がる時に割と左右を間違えます。
ある意味才能なんじゃないかと思うくらい間違えます(´・ω・`)

理由は簡単です。
行く方向はもう自分の中で何となく決まっているんです。
行かなきゃいけないところはこっちにあるんだ!と何故か信じちゃってるんです。
なので、どっちに曲がるのか聞いた場合は、どちらかというと私の中では「直進?それとも私の思った方向に曲がるの?」という意味になっているわけです。

なのでいっつも旦那に怒られます(´・ω・`)
最近は怒るというよりも呆れられます_| ̄|○

…嫁、お箸を持つ方が右よ?(´・ω・`)

わかってるよヽ(`Д´)ノ思い込みが激しいだけなんだよ!

この変な習性どうにかしたいです_| ̄|○lll


こんな感じで、運転で私を散々馬鹿にする旦那ですが、旦那もいい加減人のこと言えません。

HTMLやCSSを記述するとき、rightとleftはほぼ確実に出てくる単語の1つです。
で、それを旦那が書いていたり見ていたりしていると、結構聞いてくるんです。

嫁、leftって右?(´・ω・`)

rightとleftが、どっちが右でどっちが左か未だに咄嗟に判断がつかない様子。
他の英単語は私なんぞ足元にも及ばないくらいちゃんと覚えてるんですよ。
むしろ私と比べるのは失礼なくらいしっかりはっきり覚えてるんですよ。
私が全く覚えてないので、本当に合ってるかどうかは知りませんが(ぁ

なのに何故右と左がわからない…(;´ω`)


似たもの夫婦ってことですかね(´・ω・`)


ランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログのランキングが上がります
ランキングクリックしてくださると旦那も喜びます。
posted by みよき at 00:35 | Comment(7) | TrackBack(0) | 4コマ 701〜750
この記事へのコメント
クルマにナビゲーションシステムを付けた方がいいけれど、音声ガイドは必要ないね。

先日、タクシーの運転さんに聞いた話によると、東京は規制が多いから1本道路を間違えて入るとなかなか目的地に着かないそうです。東京見物の際は電車・バスをご利用された方が賢明です。
Posted by ゴン太 at 2007年09月05日 00:54
>箸を持つ手は「右手」
 このネタは今まで散々使ってみましたが、理解してもらったのはその内の2人。
 他の方は、その言葉自体知らない(忘れた)みたいです。。。(かなひい・・・

 因みに私は左右どちらでも箸を持てる為か、いきなり「右」とか「左」って言われると困惑しちゃいますね(苦笑
Posted by りゅうの@はぢめまして at 2007年09月05日 01:54
>ゴン太さん
旦那にもよくナビをつけようと言われます…w
私はなくてもいいじゃんって思うんですけどね(´・ω・`)
方向音痴で左右がわからなくても、一応運転はできてるつもりでいるので…w

東京までは流石に車で行く元気はないので、行く機会があれば、満員電車を体験してみる予定です(´・ω・`)そんな時間に起きれるかどうかがまず問題ですが。


>りゅうのさん
はじめましてv
えぇ、これって通用しないものなのですか?@@;
皆どうやって左右覚えるんでしょうかね(´・ω・`)
りゅうのさん両利きなのに箸で覚えたなんてすごいです@@
私は「怪我の痕が残っている手が右手!」と覚えたので、未だに「あれ?どっちだっけ?」と思うと、怪我の痕を触る癖があります…w
Posted by みよき at 2007年09月06日 00:58
嫁に何度も同じ事を聞きなおすことは出来ません。
だいたい3回目にはキレます。
「何度もしつこい!!」つって・・・
Posted by TIN at 2007年09月06日 16:12
>TINさん
何度も何度も聞いていると、そのうち奥さんが慣れるかもしれませんよb
我が家は私が聞かれることに慣れました_| ̄|○
どちらが先に妥協するかですね(;´ω`)
Posted by みよき at 2007年09月07日 00:32
自分は突然右左に曲がれと言われて間違えた記憶が最後がいつだったか記憶に無い
お前の子供時代から記憶の中にある。母上は確立半分だ(笑い)
Posted by 父上様 at 2007年09月09日 23:53
>父さん
私の方向音痴は母さんのせいにして良いのでしょうか(´・ω・`)w
…十数年後は私も確率半分の恐れあり!?(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ
Posted by みよき at 2007年09月10日 00:16
コメントを書く
※スパム対策のため、コメントにURLは入力出来ない設定にしています。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。