2006年10月06日

便利な鞄

419-061006.gif

明日印鑑いるのぉ。

へぇ、そうなんだ(´・ω・`)忘れんようにしんさいよ〜。

その日はこれだけの会話で終わったんですよ。
まぁ旦那のことだから「絶対」忘れちゃいけないものは忘れないだろうと。


翌日・・・


最近新しい事務所に行くようになったんですね。
徒歩でいけていいっ(*´∇`*)

歩いていけるので連れ立って行く必要もないねと、旦那が一足先に、私は家事を終わらせてから追って仕事しにいってるんです。

いつも通り旦那を見送ってから用事を済ませ、さぁ私も行くかなと鞄を持ったら・・・


(´・ω・`)何か・・・重い・・・何故?


開けてびっくり。


印鑑その他もろもろ入れてるバッグが入ってる(゚Д゚)


自分で持ってってよ旦那さんヽ(`Д´)ノ




その時散々言ったんですけどね〜・・・



数日後。

仕事をしてると参考書がどうしても欲しい時があるんです。

やっぱ何冊かは職場に欲しいのぉ(´・ω・`)

(´・ω・`)それはわかる〜


今度は旦那が本を準備してるのを気配で確認しましたよ。

まぁこないだ言ったから持ってってくれるだろう(´ー`)y━~~ と




思ってた私がバカでした(´・ω・`)



なんでまた私の鞄に入ってるのさヽ(`Д´)ノ


だってみよき鞄もっとるじゃん(´・ω・`)おいらないよ

あんた手ぶらじゃんヽ(`Д´)ノ

おいら鍵持っとるよ(´・ω・`)b


それは「荷物」ですか?(゚Д゚)


歩きだと重いの気になるんだよ。・゚゚・(ノД`)・゚゚・。


私の鞄は旦那にとっては「勝手に持ち運んでくれる便利な入れ物」みたいです。
旦那よ、誰が運んでるかわかってるのか?(;´д`)


ランキングに参加しています。クリックしてもらえると、このブログのランキングが上がります
ランキングクリックしてくださると旦那も喜びます。
posted by みよき at 00:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 4コマ 401〜450
この記事へのコメント
うはははははは

はふ〜ん
Posted by 悪行の輩 at 2006年10月06日 09:17
旦那さんは、「体力がない、徒歩通勤、頭脳と神経を使う、ある程度奥様を信用している」

みよきさんは、「若くて元気、自動車通勤、夫は上司、荷物運びも仕事のうち」

従って、旦那さんは内心
「荷物運びぐらい内助の功の範囲内、やって当然。」

と推測されます。ピンポーン!ではないですか?ご主人。
Posted by ゴン太 at 2006年10月06日 10:19
私だったら
『自分のものは自分で運びやがれ』の精神で無視ですね。
でもって自分のものがギリギリに入るようなバッグに変えて
『今日はあのバッグの気分じゃありませんでした。
 こっちのバッグは小さすぎで余計なものは入りません』
とでもいいましょうか。
鬼嫁です♪


開店休業していたブログを閉じて新しく始めてみました。
お暇なときにでもぜひ♪
Posted by munchkin改めサル at 2006年10月06日 15:21
>悪行の輩さん
心当たりがある笑い声でしょうかw


>ゴン太さん
私も徒歩なわけです(´・ω・`)
車が必要な時は、いちいち家に帰って車出してます(;´д`)
体力つけさせるために、重りつけて歩かせたいくらいなんですけどねぇ・・・

多分旦那はそこまで考えてないと思います(´・ω・`)w


>サルさん
お名前変えられたんですねv

私もそう言いたいんですけどねぇ・・・
なんで必要に迫られた物を私に預けてさっさと行くんだか_| ̄|○
仕事中動くのは絶対私の役目になるし・・・(;´д`)

たまに旦那の荷物を鞄に入れてあげてたのがいけなかったんでしょう・・・こういうことはしっかり学習するんだから。・゚゚・(ノД`)・゚゚・。
Posted by みよき at 2006年10月07日 01:10
コメントを書く
※スパム対策のため、コメントにURLは入力出来ない設定にしています。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24958674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。